光丸山法輪寺

日本一の大天狗がいる光丸山法輪寺

光丸山法輪寺は栃木県大田原市佐良土(さらど)にあります。
ここには日本で最も大きいと言われる天狗のお面があることで有名です。

それ以外にもお寺なのに鳥居が立っていますし全国的にも珍しい神社です。
ここでは光丸山法輪寺がどのようなお寺なのか、そして見学スポットを紹介していきます。

光丸山の鳥居

光丸山法輪寺はJR宇都宮線の西那須野駅からバスで35分ほどのところにある光丸山前のバス停から訪れると近いです。
光丸山に向かう途中にある光丸山奥之院一の鳥居という看板が見えたら立ち止まりましょう。
そうすると御行川(岩川)という清流をまたぐ大きな立派な鳥居を見ることができます。

鳥居が川にかかっているというのはとても珍しい景色です。
これは信徒の儀式に深く関わっており、一昔前までは信徒は祭礼の前にこの前で沐浴をしてから鳥居をくぐるという儀式があったことに由来しています。

光丸山は貞観2(860)年に比叡山延暦寺の円仁慈覚大師が関東を訪れた際に夢のお告げによって創建されたと伝えられています。
川にある鳥居に代表されるように、このお寺は古くから仏教と神道とが入り混じったものとなっているのが特徴です。
毎年11月3日の大縁日の本妻ではお寺の祭礼では珍しい神輿が天狗の格好をした人とともに街を練り歩きます。

日本一大きなお面

大日堂に隣接している天狗堂の中には寄木づくりとして日本で最も大きな木製の天狗のお面が奉納されています。
高さ2.14メートル、重さ1トンというとても大きな天狗のお面は市の文化財にも指定されている貴重なものです。

この天狗面の奉納は地元の人たちの信仰心があってのことです。
明治初期、この地域では火災や盗難といった災難が相次ぎ、これは天狗の仕業であると考えた人々は明治13(1880)年に天狗のお面を奉納することで鎮めようと考えたのです。
このお面が今でも大事にされており、これまでに二度漆の塗り直しもされています。

枝垂れ桜の名木

勅額門をくぐると右手に西行桜と呼ばれる樹齢800年にも及ぶ大木があります。
出家して日本中を旅して多くの和歌を残した西行法師は欧州行脚の途上でここ光丸山法輪寺にも立ち寄りました。
その際、境内にある枝垂れ桜に感動し歌を詠んだとされています。

残念ながら、現存する枝垂れ桜は西行が見たものとは違うもので、現存するものは2代目です。
しかしとちぎ名木100選にもされている美しいその姿は見ものであり、ぜひシーズンに訪れて鑑賞したいものです。

光丸山法輪寺は神社とも寺院とも違う独特の雰囲気が漂っており、この不思議な空気感は訪れなければなかなか感じられません。
境内の中には自然も多くありますから、自然も合わせて感じたいものです。