建長寺

鎌倉五山の一つ、建長寺

建長寺は臨済宗建長寺派の大本山です。
鎌倉時代である建長5(1253)年に5代執権である北条時頼の時代に創建された由緒のあるお寺です。
歴史の教科書にもよく出てくる南宋の禅僧の蘭渓道隆が開山しました。

この頃、鎌倉と京都では臨済宗のお寺を格付けするという制度がありました。
これが京都五山、鎌倉五山と言われているものです。
建長寺は鎌倉五山の一つであり、その中でも1位のもので鎌倉臨済宗の中でもトップに君臨するお寺なのです。

建長寺は国の重要文化財が複数あります。
参拝客を出迎える山門は特に有名であり、多くの人が立ち止まりその姿を眺めています。
過ごしやすい気候の時期には写真撮影をしたり写生をしたりしている人も多いです。

法堂の雲龍図

建長寺の本尊は地蔵菩薩像で、国の重要文化財にある仏殿に祀られています。
写真撮影も可能ですが、せっかくの機会ですからしっかりと仏様を参拝し手を合わせることに専念しましょう。

本尊の地蔵菩薩像は室町時代に作られたものであると言われており、高さ2,4メートルにも及びます。
柔和なお顔をされており、参拝するにあたって心が和むお顔です。

仏殿の後に参りたいのが法堂(はっとう)という場所で、こちらも重要文化財です。
江戸時代に建てられたものであり、内部には千手観音菩薩が安置されています。
暗がりに浮かぶ神秘的な千手観音菩薩は見ものです。

この法堂の中で特に人気なのが天井に描かれた雲龍です。
鎌倉に居住していた日本画家の小泉淳氏が描いたもので見事な龍の姿が描かれています。

半僧坊まで足を運ぼう

建長寺の境内の再奥まで進んでいくと長い階段が顔を見せます。
これを登りきると高台に出るのですが、その場所が半僧坊(はんそうぼう)です。

半僧坊というのは、建長寺の鎮守とも称されているもので、静岡県浜松市のお寺から歓請されたものです。
明治23(1890)年に建長寺に祀られました。
この半僧坊から先はハイキングコースとなっており、簡単な登山もできるということで鎌倉観光の際に合わせてハイキングを楽しむ人も多いです。

半僧坊は天狗の姿であると伝えられており、山肌には天狗の像があります。
その数は12体にも及び、少し不思議な空気が広がります。
天狗像とともに鎌倉の市街地が眺められるという少し変わった空間です。

関東大震災で半僧坊のご神体が無傷であったことや阪神淡路大震災の際にお札を貼っている家が無事であったことから災害よけのご利益があるということで近年では注目されています。
そこで、せっかくの参拝ですから境内の再奥ですが半僧坊まで訪れて、ぜひ安全祈願をするようにしましょう。
建造物の美しさとともに景色の美しさも楽しめるお寺ですから、過ごしやすい桜や紅葉の季節に訪れて歴史的な建造物と景色の美しさを楽しむことがオススメです。