北野天満宮

道真公を祀る神社

平安時代の識者である菅原道真公は学問の神様として知られています。
菅原道真公を御祭神としてお祀りする天満宮、神社は全国に12000社ありますが、そのうち、北野八幡宮は総本社です。
天神信仰の発祥の地として存在し、地域の皆さんは北野の天神さん、北野さんと親しみを込めて呼んでいます。

創建は平安時代中期、947年です。
西ノ京に暮らす多治比文子、近江国比良宮の神主神良種、北野朝日寺の僧最珍たちが菅原道真公をお祀りする神殿を建立したことが始まりとされています。
藤原氏によって社殿の大規模造営を果たし、987年、一条天皇の勅使の派遣によって国家平安が記念されました。
この時、神号として北野八幡宮が認定され、1004年、代々皇室の御崇敬をうけることによって崇められてきたのです。

学問の神様として知られるようになったのは、江戸時代、読み書きを教える寺子屋が多くなり、そこに天神様をお祀りしたり、道真公のお姿を描いた御御影を掲げるようになり、武芸や学業に秀でるように祈られるようになったことが始まりとされています。

天のエネルギーが満ちる場所

古き時代、帝がおわした大極殿は京都御所の西にあたり、都の守護をつかさどる北東、北西、南東、南西という四方の北西にあたり、乾の地として重要視されていました。
ここに天神地祇がお祀りされている地主社が建立されたのです。

帝が大極殿より祈りをささげられる際、三辰信仰と結びつき、天のエネルギーが満ちる聖地と親交されるようになりました。
更に菅原道真公がお祀りされるようになるといよいよパワーが満ち溢れ、天空をつかさどる天神の社、霊験あらたかな天神信仰発祥の地となったのです。

三辰信仰は、古代より太陽と月、星の運行が天皇、国家国民の平和、安寧に深くかかわるとする信仰の事です。
北野天満宮の三光門はこの三辰信仰に深く結びつくものですが、実は三辰信仰に欠かすことのできない日(太陽)、月、星のうち、星の彫刻だけ見当たりません。
これは、帝が北野天満宮を遥拝される際、三光門の上に北極星があったことから星は刻まれなかったと伝わっています。
星欠けの三光門として有名な場所なので、北野天満宮にいったら是非、確認してほしい場所です。

受験生は大黒天の燈籠へ

三光門から東南の位置に立つ石燈籠を見ると大黒様が刻まれていることがわかります。
大黒様のお口が開いているのですが、このお口に小石を乗せてみて、その小石が落ちないようならお金に困る事がないといわれています。

また、落ちない、ということから受験生にとって縁起がいいと広まって、現在では多くの受験生が訪れるスポットとなっています。
非常に古い石燈籠なので、小石を乗せる時には傷をつけたりすることがないように、そっと置くようにしましょう。