浅間神社

パワースポットとしても有名な浅間神社

千葉県流山市流山にある浅間神社(せんげんじんじゃ)はパワースポットとして親しまれている流山市指定文化財である富士塚が社殿裏にあります。
この富士塚に登れば本当の富士山に登ったのと同じご利益があると言われている凄い場所です。
富士山を訪れることができない参拝者の願いや想いが本当の富士山に飛んでいき成就されると言われています。

このような信仰から江戸時代から信仰の対象となっている場所です。
御最新である木花開耶姫命が火の中で出産したことにちなんで安産、子育て、縁結び、夫婦円満のご加護があるとされています。

御神祭である

浅間神社は江戸時代前期である正保元(1644)年に創建されています。
御最新は女性の神様である木花開耶姫命(コノハナノサクヤビメノミコト)です。

社殿裏には県内でも有数の規模を誇る富士塚があります。
富士山はその美しさから畏敬の念が強く抱かれており、日本人の信仰の対象となっています。
そのような存在であるために富士山に極楽浄土やご利益を求めて富士参拝が江戸時代から流行を見せます。

しかし、流山地域というのは富士山が遠くにあるために富士登山をするというのは不可能に近いものでした。
そこで、富士山の溶岩を使って本物にそっくりな富士山を流山に作って敬ってきたのです。

社殿裏にある富士塚

浅間神社の社殿裏にある富士塚は高さが6メートルもある県内でも大規模なものです。
本物の富士山の噴火ぼく石を積んで作っているものであり、このぼく石というのは実際に富士山が噴火した時に流れ出た溶岩が固まってできたものです。

富士塚の頂上には木花開耶姫の蔑称である富士浅間大神と書かれた石碑が建てられています。
その中腹には多くの石造物が建てられており、一合目から頂上に至ります。
登山道が設けられていますが岩が非常に尖っていますから安全に注意が必要です。

この富士塚の頂上まで登ると本物の富士山に登ったのと同じ効果やご利益を得られるとされています。
登山する時には六根清浄 お山は晴天という言葉を唱えます。

この六根清浄 お山は晴天という言葉にある六根というのは私たちの目、耳、鼻、舌、身、意をさしており、清浄というのは清らかになるという意味です。
つまり、一日ずつ踏みしめながら登ることで清められる、自分自身が全身を清らかにするということも意味として含まれています。

頂上の浅間浅間神社と書かれている石碑のすぐしたに位置する9合目あたりから本物の富士山を望むことができます。
本物の富士山までは120キロメートルもあるのですが、冬の晴れた日であれば空気が澄んでいるためにこんなにも離れている富士山を綺麗に観ることができます。