おみくじの基礎知識

願いがかなうように知っておきたいおみくじのこと

今年はいいことがあるように、恋愛運はどうだろう?受験があるけれど願い事かなう・・・となるかな?など、お正月の初詣や神社にお参りに行く際、おみくじを引かれる方も多いでしょう。
おみくじですべての運が決まるという事はもちろんありませんが、特にその年の初めに引くおみくじは、お正月から吉となりますようにと願いを込めて引く方が多いです。

気軽に引くおみくじですが、実は正しいおみくじの引き方があるのです。
しっかりと運がこちらを向いてくれるように、幸運が舞い込みますようにと思いを込めて、正しくおみくじを引きましょう。

縁起のいい順番、知っていますか?

おみくじには大吉や吉、凶などがある事はみなさんご存知だと思いますが、社寺によって段階の種類に違いがあります。
多くは吉を基準として大・中・小吉、末吉、凶などですが、半吉や末小吉・平・小凶・半凶・末凶・大凶などと細かく分かれていることもあります。
この種類と縁起のいい順番については、おみくじを引く場所に書かれていることもあります。

もし書かれていないようなら、社寺の方に聞いてみるといいでしょう。
凶については本数をかなり少なくしているという社寺もありますが、逆に凶の数が多いという社寺もあります。

吉凶だけにとらわれることはない

おみくじといえば、吉凶にとらわれてしまう方が多いのですが、おみくじの内容をよく見ると、吉凶だけではなく、心得ておくポイントがしっかりと書かれています。
陰陽道に沿った陽極まれば陰生ず、陰極まれば陽生ずという考え方があります。
大吉でもその対極には逆方向のものがあり、不吉な事が起らないように気を配る必要があるし、凶となってもしっかりと誠実に真摯に物事に対応すれば必ず報われる時が来るという事です。

おみくじの吉凶だけにこだわることなく、かかれている細かい部分にも目をとしてみてください。
吉でも気を付けるべきことがかかれていますし、凶でもこの先、気持を確かにしていけば運が好転するきっかけとなる事もかかれているのです。

引いたおみくじは?

引いたおみくじはどのようにしているかというと、人によって、また寺社、地域によっても違いがあります。
神様から頂いたメッセージが込められている物なので、お礼を収めて持ち歩く、という人もいれば、良いおみくじならば持ち帰る、悪い物なら境内に結ぶ、という人もいます。

通常、おみくじに書かれていることはこれから先1年、教訓となることなので、持ち歩くべきものとされています。
凶などのおみくじでも良くない結果が出た場合、凶をその場にとどめて吉に転じるようにお祈りして結び付けていく、悪い結果を教訓とするためにも持ち歩き常に心がけておくようにするといった感じで、見解の違いがあるのです。
結び付ける事も持って歩くことも両方正解なので、自分が思うようにする方がいいようです。

おみくじはむやみに捨てるというものではありません。
自分で常に持っていたという方は、翌年、またおみくじを引く際に、境内に結び付けて1年、ありがとうございましたと感謝の気持ちを込めるのもいいでしょう。
おみくじは引いた社寺でなくても構いませんが、神社は神社、お寺さんはお寺さんへ納めるのが基本です。

結びつける時には社寺によって結び所が設けられているので、そこに結ぶようにし、境内の木々へ適当に結び付けるというのはやめましょう。
木々を傷めることにもなりますし、景観を崩してしまう事もあります。

参拝方法覚え書き

参拝の正しい方法、知っているでしょうか

神社に行く機会というのはとても多く、まだ物心つく前にはお宮参りがありますし、三歳、五歳、七歳では七五三があります。
初詣に行くこともごく普通の事ですし、受験の際には合格祈願、おめでたの際には安産祈願、日頃、交通安全をお参りするという事もあります。

私たち日本人と神社は非常に深い結びつきがあり、生活の中に自然と神社へ行く機会も多く、何かにつけて神社にお参りしています。
でも、お参りする際の参拝の仕方、しっかりと行う事が出来るという人は少ないのです。

これほど生活の中に自然と存在している神社なのに、正しく参拝する方法を知らないというのも不自然です。
特に大人になってからは、お子さんの誕生、何かの祈願等多く神社を訪れることになりますので、しっかりと参拝の仕方を覚えておく方がいいでしょう。

正しい参拝の方法

神社に行くと最初にくぐるのが鳥居です。
鳥居の前に来たら衣服を整えて、軽く会釈をしてくぐります。
鳥居の向こうは境内、神様がおられる空間です。
気持を引き締め境内に入ります。

参道の中央は神様が通る道です。
そのため、参道の中央をさけ、ゆっくりと気持ちを整えて歩きます。
手水舎で手水をとり俗界の汚れ落としを行い、神前に進んでいきます。

賽銭箱の前に着たら軽く会釈し賽銭箱へお賽銭を入れます。
鈴を鳴らし、2回お辞儀を行い、2回拍手、最後に1回お辞儀をします。
二拝二拍手一拝の作法です。
賽銭箱の前から退く時には軽く会釈します。
帰る際にも参道の中央をさけて歩き、鳥居の前まで来たら中に向かい会釈し、鳥居を出ます。

手水(ちょうず)の方法

鳥居をくぐり参道の脇にある手水舎では、参拝される方の身を清めるため、手を清め、口を清めます。
手水舎の水盤に「洗心」と掘られていることが多いのですが、この意味は、「両手、口を洗い清め魂を清める」という意味が込められています。
そのため、参拝の前にはここで心身共に清める気持ちで手水を行うのです。

右手に柄杓を持ち水を汲んだら左手にかけます。
神道では左が神聖とされるのでまず右手で持って左手で水をかけ清めます。
柄杓を左手に持ち替えて持ち、右手にかけます。

柄杓を右手に持ち替えて左手の掌に水を受けて口を漱ぎます。
柄杓に直接口を付けることは絶対にしないように心掛けてください。
これで手口が清められました。
最後に口を付けた左手を清めるために、左手に水をかけ、両手で柄杓を立てて柄杓の柄の部分に水を流し、手で触れた柄杓を清めます。
柄杓置場に伏せて柄杓を返し終了です。
最初に汲んだ水で、一連の作業を終わらせます。

二拝二拍手一拝の意味

お賽銭箱にお金を入れるのは、昔白い紙に包みお米を「おひねり」としてお供えしたことの名残りといわれています。
鈴を鳴らし二拝、これは深く頭を下げて行う神様への敬意の気持ちのお辞儀です。

二拍手は胸の高さで掌を合わせてから右手を下に少しずらしておこないます。
二拍手したらずらしていた指先をあわせて祈りを込め、手を下します。
なぜ掌をずらすのかというと、神様と人が一体となっていないからです。
二度手を打つという行為で神様をお招きし、その後、掌をきちんと指先まで合わせることで神様と人が一体となると考えます。

最後の一拝は深くお辞儀をして神様を送り出すという意味が込められています。
二拝二拍手一拝のほかにも、神社により違う作法が行われていることもあります。
確かめてからしっかりとお参りするといいでしょう。

神階とはなにか

神様にもランクがある

神様に対してのランク付けというと恐れ多い気がしますが、古代より近世にかけ、朝廷でそのランクが「神位」また「神階」として定められていました。
それぞれの神様たちに対し、授位、神階されていて、神祇官、また諸国から「某という神社の某という神様に対し、某という神階をお授けいただきたい」と申請を受け、公卿の会議に当る陣定により可否あれ、天皇の奏聞をへて正式決定されていたものです。

お稲荷様をお祭りしている祠などをよく見ると、その参道やお社に「正一位稲荷大明神」などとされた幟(のぼり)を見ることがあります。
また家庭用の神棚に飾る幟なども神具店で販売されています。
この幟に記されている中の「正一位」という部分が神階を表しています。

神階の位は3種類

神階については、文位と呼ばれる位階、武位と呼ばれる勲位、品位の三つがあります。
この位については、律令制下のもと、人に対して授与される官人の地位を示す等級だったのですが、遷都などの際に、天変地異や疫病蔓延など、臨時について祈願する際、霊験を施されている神様に顕彰するためにも、使われました。

初めて位階を奉られた神様については、日本書紀で記され、「大和国高市御県坐鴨事代主神」「村屋坐弥富都比売神」「牟狭坐神」の三柱と呼ばれる神様です。
これ以降、多くの神様が位階を受位されています。
位階はもっとも一般的なもので、お稲荷様の「正一位」も、代表的な位階の一つとされています。

勲位と品位

勲位は武勲をたてた人に対し与えられるもので、神様に対して奉られたのは765年、藤原仲麻呂、藤原恵美押勝の乱の際、霊験を奢らされたという都久夫須麻神(つくぶすまのかみ)に対し、勲八等が奉られたことが始まりといわれています。
しかし神に対し勲位が授位されることは10世紀半ば以降なくなっています。

品位は親王、内親王への位であり、神様に対し授位されることは少ない事です。
品位については一品を宇佐美八幡、八幡大神、二品は同比売大神に奉られた事が知られています。

位階についてもまた勲位、品位についても天皇が臣下に対し賜るものであり、授与される者よりも授与する方が上位となるはずです。
という事は、通常、人間が神様に対して位を定めるという事は非常に恐れ多いことと感じます。
しかし古来に生きたご先祖さまは、このことについて奇妙であるとか恐れ多いという事を思うことなく、神様について顕彰するため、神階というくらいを奉ってきたのです。

人に対することと、神様に対することは直接的な関係はなく、同じ品位でも人が神様と同等という考えもありません。
非常に不可思議な事と思えるのですが、こうして神様に対する気持ちを明らかにし、当時の方々は深い信仰心をもってこうした神階を奉っていたのです。

神社の社格について

神社ごとにある社格が決められている

官幣大社、国幣小社などの言葉を聞いたことがあるでしょうか。
神社の事が好きという方が最近非常に多くなっているので、こうした言葉について詳しい方がいるかもしれません。

この官幣大社とか国幣小社などは、神社における社格と呼ばれるもので、神社の格付けです。
60年くらい前までは各神社にこの格付けが適用されており、社格があったのです。

しかしこの社格は、いつごろ定められ、どのようなものだったのか、よく理解されている方は少ないです。
神社の格付け、社格とは何か、少し調べてみました。

神宮、大社などは神社と違うのか?

神社と名乗るところが非常に多い日本ですが、その他、神宮、大社等社号が付く所も少なくありません。
しかしこの神社、神宮、大社とはどのような違いがあるのでしょうか。

神社本庁の管轄には8万もの神社が存在しています。
現行制度からいけば、神宮、大社は比較的自由に名乗る事ができます。
しかし神宮、大社と呼ばれるところを見てみると、私たち日本人がよく知る知名度の高い神様が御祭神であったり、規模が大きく全国区で名前を知られる神社が多いと感じます。
実は神宮、大社の社号は、歴史的に見て社格制度が色濃く残ったところなのです。

神社の格付け

社格という言葉を初めて聞いた、神社に格付けがあるなんて知らなかったという方が多いでしょう。
現在は規模の大小は問わず神社は平等とされていますが、60年ほど前、第2次世界大戦終了後当りまでは、社格という格付けがあったのです。

神社めぐりをされている方の中には、神社の名前の横に「旧官幣大社」などと書かれているのを目にすることもあるかと思いますが、これが社格です。
1871年政府によって国内すべての神社について大きく官社「官幣社、国幣社」、諸社「府県社、郷社、村社」、さらに無格社と等級分けされていました。

上位官社のうち、官幣社は国幣社よりも上でした。
ただ、皇室の祖神となる天照大神を祀っている伊勢神宮は別格であり、社格枠外です。
7世紀後半あたりに官社が次第に多くなり、最も古い記録とされているのが10世紀前半に完成したといわれる記録です。
10世紀前半には、述喜式の神名帳と呼ばれるものができ、ここに記載されている神社の事を式内社と呼びます。

伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮などがこの神名帳に神宮として記載され、大社は出雲大社のみです。
呼称である「宮」については、天皇、若しくは神々を祀るための神社に利用されることが多いのですが、東照宮などの例外も存在しています。
「大社」は神社の略でこの言葉の意味通り、大きな神社という意味があります。

伊勢神宮が別格である理由

伊勢神宮は古くから神社として別格でした。
近代に入ってからも社格制度に一度も組み込まれておらず、伊勢神宮はそのことからも祭神の中でも高い位にある事がわかります。

伊勢神宮は伊勢湾岸の伊勢、鳥羽、松阪、志摩の4市と、渡会、多気の2郡にわたる内宮と外宮、別宮や松社などをあわせ125もの神社の総称です。
内宮に天照大神を祀り広く崇拝され、外宮に豊受大神を祀り、この辺り一帯を守護しています。

式年遷宮が行われメディアでも放送できる部分が全国に放送されたことで、伊勢の儀式が知られるようになりました。
内宮や外宮はもとより、別宮などを含め65もの建造物を全て新造するこの儀式は、日本屈指、古来より続く技術が駆使され、装束も御宝など1600点についても造り替えが行われます。
20年に一度という全ての造り替えを7世紀以降、ずっと継続してきたことについても、伊勢神宮がその他と全くの違いがあり、別格であることと知らせています。

綺麗に収めたい

神社、お寺巡りをするなら

趣味で神社やお寺巡りをしていると、その様子を写真に収めておきたいと思うようになります。
やはり、寺社は歴史ある建物や文化財が多いですし、境内の造りも日本の美意識をたたえていて、とても美しいものがあります。
写真のテーマとしても素晴らしいものばかりですし、なにより立ち寄った寺社を記念に残していおきたいので、写真を撮るようにしています。

とはいっても、単なる記念撮影のようなものではもったいないので、よりきれいに撮れるように、いろいろと工夫をしなくてはなりません。
写真撮影は、実物を目で見るより仕上がりが違うということがしょっちゅう起こるものなので、ある程度工夫しないとうまくいきませんね。
私も、写真のプロというわけではないので、試行錯誤を繰り返しながら、美しい神社やお寺が撮れるように頑張っています。

それぞれの寺社の顔を見つける

単に社殿や境内の様子を同じように撮っていると、どれも代わり映えがしなく、なんとなくつまらない写真集になってしまいます。
そのため、それぞれの寺社にある「顔」を見つけて、それをテーマにして撮るようにすると、メリハリが利いて印象深い写真が撮れます。

私は、寺社巡りをする時には、ある程度その寺社の歴史や由緒、特徴を調べていきますので、そのイメージを大事にしながら、テーマとなるものを見つけるようにしています。
ある武将にゆかりがあるお寺で、そこにその人物にまつわる祠や像があるなら、それをメインにしていますし、文化財が有名なら、それを中心にします。

また、実際に境内に入っていると、事前に抱いていたイメージと大きく異なることもあります。
たとえば、古刹だということで静かな雰囲気をイメージしていたら、参詣客が絶えず賑やかな雰囲気に満ちているということもあります。
そんな時は、人々が行き交う様子を構図の中に取り入れて、感じた雰囲気を活かせるようにしています。

細かなアイテムを強調してみる

神社やお寺というと、どうしても社殿に注目してしまいますが、意外と周りにある、いわゆる小さなアイテムがかわいくて、ポイントとなります。
手水のデザインや、灯籠の苔むした感じ、ちょっとした飾りなど、どれも独特の魅力があって、思い出になります。

こうしたアイテムを取るときは、思い切ってアップにして撮るようにして、その魅力を活かせるように強調しています。
ついつい建物とセットにして撮りたくなってしまうのですが、そうするとイメージがぼやけてしまうので、思い切りの良さが肝心かなと思います。

こうして、いろいろなことに注意して写真を撮っていると、新たな魅力を発見することもできますので、これからも続けていきたいですね。

妹の結婚式

神社で挙げる結婚式もいいもの

915b327e63da7cdd0a9fb7cf91ee10f8_s最近、妹が結婚したのですが、神社での神前式を挙げました。
最初は今の時代、神社での結婚式なんて珍しい選択をしたものだ、と思っていましたが、実際に出席してみると、意外といいものですね。
周りはみんな、いわゆる洋風のスタイルで結婚式を挙げているので、かなり新鮮さがありました。

新郎新婦が、和服を着て威厳のある神社の中で、神主さんの立ち会いのもと式を挙げている様子は、日本人なら誰でも素晴らしいと思う、厳かで凜とした雰囲気でした。
また、普段はなじみのない神職の方々による雅楽の演奏もあって、雰囲気をより盛り上げてくれたのも良かったですね。
そして、神社には親族が待機できる控え室などもあって、不便さも感じることなく式に参加できたのも意外で、しっかりとしたサービスがあるんだなと感心しました。

神前式をサポートするサービスがある

妹の神前式をきっかけに興味を持ち、神前式の状況はどうなっているのだろうと調べてみたら、今では神前式をサポートするサービスがあるんですね。
たとえば、「和婚スタイル」という、神社での挙式を専門に扱うところでは、実にユニークなサービスを行っています。

(参考記事)
和婚スタイル

神社での結婚式を挙げるのに、まず気になるのが、どの神社で式を挙げようか?ということだと思いますが、ここでは地域ごとにたくさんの神社を紹介していて、いろいろな詳細情報を提供しています。
また、申し込みなども簡単にできるようになっているので、手続きに戸惑わずに気軽にできるのがうれしいところですね。

また、神前式の魅力の1つである、和服のレンタルや着付けも行っています。
特に新婦用には、色鮮やかなたくさんの着物が用意されていますので、きっとお気に入りの一枚を見つけることができて、一生の思い出になるのではないかと思います。
もちろん、新婦ほどではありませんが、新婦用の和服も用意されていて、好みの着物を着られるようになっています。

より便利にプランを立てられるのがメリット

そして、和婚スタイルでは、神社での結婚式をサポートするだけでなく、披露宴まですべてをセットにしたプランも提供しているので、より便利に気軽に準備ができます。
食事を親族や親しい友人と一緒にとれるようにしたプランや、お色直しを含めていろいろなコースがあるプランなど、それぞれの好みや予算などに応じて対応できるようになっていて、バリエーションがあるのがメリットです。

また、神前式に伴う独特の作法や習慣なども親切に教えてくれますので、戸惑うことなく式を行えるのが親切でいいですね。
魅力ある神社での結婚式をするなら、こうしたサービスを使うと便利ですし、一生の思い出になる素晴らしい式が挙げられるかなと思います。

自己紹介

神社巡りが趣味

人にはいろいろな趣味がありますが、私は神社巡りが趣味で、仕事の休みができると、いろいろなところに神社やお寺を探しては、お参りに行っています。
このことを言うと、まだ20代後半なのに、渋い趣味をしているね、と言われますが、意外と楽しく結構はまっています。

もともと、骨董品など文化財に興味あったので、そうした品を見ていくと、お寺や神社に関係のあるものや、収蔵されているのが古い神社であるということが多く、自然と神社に足が向くようになっていきました。
そうしているうちに、神社やお寺そのものの魅力に目覚めて、今では神社巡りそのものが趣味となってしまったのです。

神社やお寺には魅力がいっぱいで楽しい

神社巡りが趣味というと、じじ臭いと言う人もいますが、神社やお寺にはたくさん魅力がありますので、飽きることがありません。
建物を見るのも好きなので、神社の建築様式を見るのは、かなりわくわくしますね。
かなり古い造りの建物なのに、すごい技術が使われていて、今の職人さんでもなかなか作れないというものもあり、先人の知恵に感動することもあります。

また、境内の造りも凝っているので、そのデザインに隠された意味などを知ると楽しいものです。
たとえばあるお寺では、創建のいわれとなっった川の様子を砂利や参道の位置によって表していて、そんなことを知った上で境内を見学すると、その深さに驚かされます。

また、歴史好きに人にもたまらない、いろいろな逸話が残されているのも、神社の魅力でしょう。
武将の魂を慰めるために造られたとか、重要な戦の前に戦勝祈願をするために立ち寄ったとかいう話を聞くと、神社を訪れた時に、タイムスリップしたかのような気持ちになれて、わくわくします。
特に、私が住んでいる東京都にある神社は、このような故事にまつわるところが多いので、歴史好きの人には最高の趣味ではないでしょうか。

東京都内にとどまらずいろいろ巡ってみたい

私は東京都内に住んでいますので、必然的に神社巡りも都内にあるものばかりです。
都内には数え切れない程の神社、お寺がありますので、とても回りきれないほどですが、旅行などで他の地域に行くたびに、その土地の寺社も巡ってみたいと思っています。

地方によって奉られている神様も違いますし、信仰の形も違うものですので、ちょっとした違いが見られるのが楽しいですね。
また、他のところに行くと、変わった風習やおみくじの形などがあって、新鮮な感じがするのもいいですね。
これから、ちょっと足を伸ばして、東京都内だけでなく、他の地域の神社やお寺も回って見ることを目標にしようかな、と考えています。

また、お祭りなども地方独特のものがありますので、お祭りを狙っていくのもいいかなとも思っています。

変わった御神籤を引きたい

国の運命を占っていたのがルーツ

c8ce7ba080622fe455ab4d9867f0aef7_s神社やお寺に行ったら欠かさずにすることの1つとして、おみくじを引くという習慣があります。
この風習は古くから日本に存在していて、国の政治についての決定をする際に、神職の占いに頼ったことから始まったとされています。
現在のような形になって、一般の人もおみくじを引くようになるのにもさほど時間がかからず、昔から神社やお寺で人々が吉凶を占っていたようです。

今では神社、もしくはお寺には欠かせないものとなっていて、いろいろな種類のおみくじがあります。
自動販売機のように、コインを入れると機械的に買えるものや、昔ながらの形で箱を振って取り出すものもあり、バリエーションがあるのもおみくじの楽しみでしょう。

変わったおみくじが欲しくなる

私は、神社巡りやお寺巡りを趣味のようにして、しょっちゅう行っていますので、その分、おみくじを引くこともたくさんあります。
すると、お寺などによっておみくじの種類が違うということに楽しみを見いだすようになり、いつしか変わったおみくじを引きたいと思うになってきました。
どんな変わったものがあるかと調べてみると、これが結構あるので、ぜひ制覇してみたいと思っています。

何が変わっているかというと、通常のおみくじは紙に吉凶が書いてあって、それが折りたたまれているだけですが、紙の代わりに木を使ったり、紙にマスコットのようなものがついていたりするのです。
たとえば、京都の平野神社というところでは、りすのおつげというネーミングでおみくじが販売されています。
りすの置物で、しっぽがくるりと巻いているところに紙が挟まれているという、なんともかわいいおみくじで、お土産としても欲しくなってしまうこと間違いなしです。

様々な趣向を凝らしたおみくじがある

その他にも、扇子おみくじという凝ったものもあります。
これは、引接寺、千本えんま堂というところで引けるのですが、名前の通り、おみくじが扇子そのものの形をしているのです。
引いた時は、扇子が閉じられている状態ですが、開くと紙の部分に吉凶が書かれていて、本当にミニ扇子として使えるクオリティーを持っているので、かなり楽しいですね。

また、置いておくだけで幸せがきそうなおみくじが引けるところもあります。
赤山神社では、福禄寿神お姿みくじを出していて、その名の通り、福の神様の置物がおみくじとなっているのです。
これなら、たとえ凶を引いてしまったとしても、福が来そうでなかなかいい趣向ですね。

また、天狗みくじも楽しいですね。
鞍馬神社にあるということで、由岐神社は、牛若丸伝説にちなんだ天狗のおみくじが引けます。
素晴らしいアイディアだなと感心してしまいます。