清凉寺

光源氏の別荘地、清凉寺

清浄寺は京都の嵯峨野にあるお寺です。
通称嵯峨釈迦堂とも呼ばれています。

紫式部の小説源氏物語の主人公である光源氏のモデルとされている源融の別荘があった土地に建つお寺としてお有名です。
嵯峨野釈迦堂には日本三如来の一つである釈迦如来、生身のお釈迦様と呼ばれる霊像が祀られています。

釈迦如来というのは普通秘仏です。
毎月8日の午前11寺以降と霊宝館が特別公開される4、5、10、11月のみに公開されます。

生身のお釈迦様

清凉寺の御本尊である釈迦如来はインドから中国を経て日本にやってきたと言われています。
そのため三国伝来の釈迦如来と呼ばれているものです。

神は如来のシンボルである螺髪ではありません。
渦巻型になっています。
また、顔はエキゾチックで優しい笑顔をしています。

このような特徴的な釈迦如来というのは全国的に多くあるのですが、その元祖と言われているのが清凉寺です。
そのため全国に広まったものについては清凉寺式釈迦如来という言い方がされています。

このお釈迦様が日本に渡って来るにあたってある霊験が伝えられています。
この像を日本にもたらしたのは奈良の東大寺の僧侶です。
清凉寺を開山した僧侶であり、本来は中国でこの像を模倣して持ち帰る予定でした。

しかし、模倣したものではなく本物が日本に渡ってきます。
これは僧侶が真の仏法を日本に持ち帰りたいという思いを持っており、許可を得たお像を模刻することを決意します。
模刻が出来上がり日本に帰ろうとした夜、夢の中で本物像が日本に渡って仏法を広めたいと願ったことで入れ替わったのです。

これは一説にすぎないですが、このような経緯があり生身のお釈迦様が日本に渡ってくることになるのです。
中国から渡ってきたものだという証明として、清凉寺の山号が五台山となっています。
五台山というのは中国で古くから霊山として信仰されている山であり、清凉山とも言われているという点からも、お釈迦様が中国からきたのではないかということが考えられているのです。

源融ゆかりの地

嵯峨野はかつて王朝貴族の別荘地として親しまれてきた場所です。
源氏物語の光源氏のモデルと言われている源融(みなもとのとおる)の別荘もあったとされています。
境内にある塔の後ろには源融のお墓もあります。

このような場所が三国伝来のお釈迦様を本尊とするお寺になったのは理由があります。
源融は写経や造仏に着手をしたものの志半ばで他界してしまうのです。
そのため、子供達が完成させて山荘をお寺に変えたことでお釈迦様を境内で祀るようになったのです。

元々は釈迦堂よりも山荘のあるお寺がメインでした。
しかし、時代が進む中で釈迦信仰が流行することで釈迦堂の方が有名になりこちらがメインになったのです。