法輪寺

十三まいりで有名な法輪寺

法輪寺といえば京都嵐山の中腹の十三まいりで有名です。
御本尊である虚空蔵菩薩は日本三大虚空蔵の一つであり嵯峨の虚空蔵さんという愛称でも親しまれています。

この虚空蔵というのは決して尽きることのない無限の宝庫という意味であり、虚空蔵菩薩というのはそこから多くの智慧や財産が与えられるという大変ありがたい仏像です。
京都では数え年で13歳を迎えた少年少女が知恵を授かるために法輪寺を訪れる十三まいりというものが習慣となっています。

法輪寺の歴史

法輪寺の創建は奈良時代の和銅6(713)年であり元明天皇の勅令で行基菩薩が建てたのが始まりです。
その時は木上山葛井寺(かずいのでら)と呼ばれており、国家安穏、万民の繁栄、五穀豊穣、産業の興隆解いたことを祈るお寺だったと推測されています。

平安京以前はこの地域では中国から渡来した一族が開発をしてきた地域で、日本に農耕や工業といった技術が伝わった地域です。
そして現在の法輪寺ではこの一族を祀っており、これが葛井寺なのです。

その後、弘法大使空海の弟子である道昌がこの地で虚空蔵菩薩を感得したことで一木で虚空蔵菩薩を造り安置したことで寺号を法輪寺に改めました。
これが法輪寺の始まりです。
道昌は山腹を開いて堂塔を回収したり、桂川の修築をし、法輪寺橋をかけて船の開港をしたりとこの地域の繁栄に大きく貢献をしました。
このときかけた法輪寺橋が現在の渡月橋につながります。

渡月橋は月が渡る橋という名前がつけられています。
これは鎌倉時代の亀山上皇がこの橋を渡るように移動している月を見てこの名前をつけたそうです。
現在の渡月橋は当時のものとは違うものであり、昭和9年に三条通りの拡張工事で今の形になりました。

十三まいり

唐に渡る前の若き日の空海が虚空蔵求聞持法という記憶力が増進するという週報を使って無限の記憶力を身につけたというエピソードがあり、これを行うときに祈る本尊が虚空蔵菩薩です。
この虚空蔵菩薩に数え年で13歳になった時に福徳と智慧を授かりに参拝することが十三まいりと言われています。

法輪寺は十三まいりのお寺として有名です。
最初に行われたと見られるのは平安時代に在位していた清和天皇です。
清和天皇は幼いうちに帝位についたのですが、清和天皇が数え年で13歳になった時に法輪寺で法要を行い、これが貴族の間で十三まいりとして定着をしました。

一般庶民が行うようになるまではかなり時間がかかっており、一般庶民に定着したのは江戸時代中期です。
そこから京都では法輪寺への十三まいりが習慣となったのです。
前以て用意しておきたいものは好きな漢字一字であり、これが自分の授かりたい漢字になります。