おみくじの基礎知識

願いがかなうように知っておきたいおみくじのこと

今年はいいことがあるように、恋愛運はどうだろう?受験があるけれど願い事かなう・・・となるかな?など、お正月の初詣や神社にお参りに行く際、おみくじを引かれる方も多いでしょう。
おみくじですべての運が決まるという事はもちろんありませんが、特にその年の初めに引くおみくじは、お正月から吉となりますようにと願いを込めて引く方が多いです。

気軽に引くおみくじですが、実は正しいおみくじの引き方があるのです。
しっかりと運がこちらを向いてくれるように、幸運が舞い込みますようにと思いを込めて、正しくおみくじを引きましょう。

縁起のいい順番、知っていますか?

おみくじには大吉や吉、凶などがある事はみなさんご存知だと思いますが、社寺によって段階の種類に違いがあります。
多くは吉を基準として大・中・小吉、末吉、凶などですが、半吉や末小吉・平・小凶・半凶・末凶・大凶などと細かく分かれていることもあります。
この種類と縁起のいい順番については、おみくじを引く場所に書かれていることもあります。

もし書かれていないようなら、社寺の方に聞いてみるといいでしょう。
凶については本数をかなり少なくしているという社寺もありますが、逆に凶の数が多いという社寺もあります。

吉凶だけにとらわれることはない

おみくじといえば、吉凶にとらわれてしまう方が多いのですが、おみくじの内容をよく見ると、吉凶だけではなく、心得ておくポイントがしっかりと書かれています。
陰陽道に沿った陽極まれば陰生ず、陰極まれば陽生ずという考え方があります。
大吉でもその対極には逆方向のものがあり、不吉な事が起らないように気を配る必要があるし、凶となってもしっかりと誠実に真摯に物事に対応すれば必ず報われる時が来るという事です。

おみくじの吉凶だけにこだわることなく、かかれている細かい部分にも目をとしてみてください。
吉でも気を付けるべきことがかかれていますし、凶でもこの先、気持を確かにしていけば運が好転するきっかけとなる事もかかれているのです。

引いたおみくじは?

引いたおみくじはどのようにしているかというと、人によって、また寺社、地域によっても違いがあります。
神様から頂いたメッセージが込められている物なので、お礼を収めて持ち歩く、という人もいれば、良いおみくじならば持ち帰る、悪い物なら境内に結ぶ、という人もいます。

通常、おみくじに書かれていることはこれから先1年、教訓となることなので、持ち歩くべきものとされています。
凶などのおみくじでも良くない結果が出た場合、凶をその場にとどめて吉に転じるようにお祈りして結び付けていく、悪い結果を教訓とするためにも持ち歩き常に心がけておくようにするといった感じで、見解の違いがあるのです。
結び付ける事も持って歩くことも両方正解なので、自分が思うようにする方がいいようです。

おみくじはむやみに捨てるというものではありません。
自分で常に持っていたという方は、翌年、またおみくじを引く際に、境内に結び付けて1年、ありがとうございましたと感謝の気持ちを込めるのもいいでしょう。
おみくじは引いた社寺でなくても構いませんが、神社は神社、お寺さんはお寺さんへ納めるのが基本です。

結びつける時には社寺によって結び所が設けられているので、そこに結ぶようにし、境内の木々へ適当に結び付けるというのはやめましょう。
木々を傷めることにもなりますし、景観を崩してしまう事もあります。