赤坂氷川神社

美しい社殿に目を奪われる赤坂氷川神社

古くからある神社は、価値ある文化財を持っているなど、崇拝の対象というだけでなく、美しいものを見られる場所として、個人的にとても惹かれるスポットです。
そういった意味でも、この赤坂氷川神社は素晴らしい神社で、ついつい見に行ってしまうところとなっています。

社殿の豪華な造りも見事で、外構えが威厳に満ちています。
少し離れたところから見ると、その存在感がひしひしと伝わってきて、なにやら独特のオーラを感じることができます。

そして、社殿に近づくと目を奪われるのは、天井の壮麗な絵でしょう。
金に輝く枠の中に、色とりどりの花が描かれていて、素晴らしい光景を作り出しています。
たくさんの種類の花がありますので、1つずつ見ていっても飽きないほどで、ここに来るとついつい時間を過ごしてこの美しい絵に見入ってしまいます。

そして、ふすま絵の素晴らしさも赤坂氷川神社の魅力ですね。
狩野派による獅子の絵は、ものすごい迫力を持っていて、いかにも絵の向こうから飛びだして襲いかかってきそうな感じさえします。
天井絵のふすま絵の素晴らしさは、他の神社を圧倒する質で、このあたりの神社の中でも、文化財の充実という面では、群を抜いているのではないかと思います。

徳川幕府に愛された神社

この赤坂氷川神社は、天暦5年、西暦951年に創建されたと言われていて、実に1,000年を優に超える歴史を持っています。
その後も、国土の危機に対処するために、この神社での祈願が熱心に行われることもあり、人々の心のより所となっていました。

そして、江戸時代になると、八代将軍吉宗公が、わざわざこの神社を新しく現在の位置に建立し、完成の祭には参拝に来たという記録が残っています。
それだけ、この神社が人々にも日本という国にも重要なところで、愛されていたいたかが伺えます。

縁結び、神前式を行える神社としても人気がある

そして、この赤坂氷川神社の特徴としては、人と人の縁をつなぐ神社としても有名であるということです。
ここで祀られている3柱の神様はどれも、男女の縁に関わる神様ですので、現在でも縁結びの祈願に来る人が絶えません。
カップルや恋人を探している人など、この神社を訪れてお祈りをするのもいいですね。

こうした経緯もあって、この赤坂氷川神社では、神前式を積極的に行っています。
美しい和服の装いで、厳粛な雰囲気のもと神社で挙げる結婚式は一生の思い出になること間違いありません。
見学も可能ということで、美しい花嫁の姿と厳かな式の様子を見ることもできますよ。

親族のための控え室を設けていたり、雅楽の演奏を行ってくれるというのも、この神社ならではのサービスで、より幸せな神前式を行うことができます。