新田神社

勇猛な武将、新田義興を祀る神社

新田神社は、東京都大田区にある神社で、新田義興という勇猛な武将を祀っています。
この新田義興という武将は、南北朝時代に生き、知と勇の両面で優れた人であったと知られています。
不幸な形での戦死を遂げてしまいましたが、その伝説的な戦いぶりや生涯は後代にまで語り継がれ、人々の心に残るものとなっています。

この新田神社が創建されたのは、正平13年、西暦1358年となっています。
時の武将、新田義興は、南朝の復興のために戦いを行い、足利尊氏を撃破し鎌倉を攻略するなどの、輝かしい戦績を残しています。
しかし、敵の策略に陥ってしまい、あえなく水上にて戦死してしまうのです。

その後も、霊となって新田義興は生き残り、人々に影響を及ぼしていました。
そこで、人々は死んだ新田義興の霊を慰めるため、祠を作り「新田大明神」として霊を祀るようになりました。
これが後の新田神社となるのです。
こうした歴史を思いに留めながら神社を参拝し、その勇猛な武将のことを考える機会を作ることができます。

破魔矢の発祥の神社である新田神社

この新田神社は、新田義興という武将について思い起こすところというだけでなく、破魔矢の発祥したところとしても有名です。
この神社の境内には、旗竹と呼ばれている竹林があります。
ここの竹を使って江戸時代に平賀源内が、破魔矢の原型となる矢守を作ったと言われていて、この神社こそが破魔矢の始まりの地なのです。

そうとあっては、新田神社に来て破魔矢をいただいていかないわけにはいきません。
いつでもこの神社では破魔矢がありますので、この神社に来た記念と厄払いのために1ついただいていきます。

ついでに、破魔矢のルーツとなったという竹林も見ていくことにします。
そんなに大きな竹林ではありませんが、清々しい雰囲気に満たされていて、なんだか心が安まるようです。
しばし、ここを散策して気持ちを落ち着けることにします。

武将にまつわる祭礼を見られる神社

古の武将を祀っている神社というだけあって、この新田神社で行われる行事では、武に関するイベントが開催されます。
特に10月10日に行われる例大祭では、古武道の披露が行われ大勢の人がその様子を見ようと訪れます。
居合道や剣術に秀でた人々が集まって演武を行いますし、手裏剣の技を披露する円部会などもあって、とても興味深いものです。

見学している人も、普段なかなか見ることができない古武道の様子を見ることができるとあって、興味津々の顔で見ています。
鋭い技を見せてくれる達人の様子は驚きを与えてくれるばかりで、とても楽しいですね。
このように、この新田神社は武にまつわる由緒を持っていることから、いろいろ興味深い催しを見られるのがうれしいところですね。